HOME > 制作工程 大型銅像「日常聖人像」


大型銅像の制作-中山法華経寺「日常聖人像」建立まで-

千葉県・正中山法華経寺は、鎌倉時代文応元年(1260年)に創立され、初祖・日常聖人により日蓮聖人の国宝「立正安国論」「観心本尊抄」など多くの御真蹟が伝えられる日蓮宗大本山です。
先代の日常聖人像は、戦時中の供出でセメント像に置き換えられており、長い歳月で劣化が進んでいました。そこで、新たな「日常聖人銅像」建立計画が立てられ、当社に企画から制作・設置までを任せていただきました。

その大型銅像「日常聖人像」建立までの製作工程をご紹介します。

日常聖人像
千葉県・正中山法華経寺

1 マケット(模型)及び、粘土原型制作

マケット(模型)及び、粘土原型制作

完成予想図で構想の確認の後、本制作のための模型として実寸の1/5のスケールでマケットを制作します。マケットで再度ご確認いただき実寸の粘土原型を制作します。マケットの断面から正確な値の骨組みを作り、芯型を被せ、その上に粘土を付け、マケットを参考にしながら表現していきます。
粘土原型が完成した段階で、ご依頼主様による検分をお願いし、鋳造行程に進むことのご確認をいただきます。

2 樹脂原型制作

樹脂原型制作

粘土原型から、軽くて丈夫で扱いやすい樹脂原型に置き換えます。粘土原型に石膏をかぶせ型を取り、中の粘土と心材・骨組みを取り出します。石膏型をきれいに洗い、離型剤を塗りFR樹脂で成型し、石膏型を割り出して樹脂原型の完成です。

3 ブロンズ鋳造制作

ブロンズ鋳造制作

樹脂造型を鋳造工場に運び、その樹脂原型を基に鋳型を作り、補強した鋳型に約1300度に溶解したリン青銅を注ぎます。鋳込みの際は、法華経寺様による火入れ式がとり行われました。
鋳型を割り出し、溶接・研磨作業などの仕上げ加工を行います。

4 ブロンズ像の完成・設置作業

ブロンズ像の完成・設置作業

金色のブロンズ生地を伝統的な着色技術で古銅色に仕上げ、ブロンズ像の完成です。
設置場所まで銅像を運搬し、クレーンで台座上に移動します。ブロンズ像と台座をアンカーボルトで固定して設置作業の完了です。

NARAHARA BRONZE ART INC
〒933-0917 富山県高岡市京町7-19 TEL:0766-26-8795  FAX:0766-26-8580

Copyright(c) 2009 Narahara Bronze Sculpture. All rights reserved.