ロストワックス鋳造法について

ロストワックス鋳造法とは、まず原型からシリコンゴム型を製作し、原型と同じ形状の鑞原型をワックスで精密に作り、その周囲を耐火物のセラミックスシェルで層にして固め、鋳型を製作します。
その後、加熱して蝋原型を消失させた(ロスト)空間に溶解した合金を注ぎ鋳造する方法です。
この鋳造法は制作工程が多く、コストが高くなるのが難点ですが、作家の表現に制約が無く、繊細なタッチや風合いを忠実に再現できるため、胸像などの肖像彫刻はこのロストワックス鋳造法で製作しています。